目次

平成21年度1次隊・青年海外協力隊壮行会 - 青年海外協力隊東京OB会 > 活動報告

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 活動報告 > 平成21年度1次隊・青年海外協力隊壮行会

平成21年度1次隊・青年海外協力隊壮行会

青年海外協力隊東京OB会 100-1.jpg青年海外協力隊東京OB会 100-2.jpg

平成21年度1次隊・青年海外協力隊壮行会の報告をします。

場所:JICA地球ひろば 202号室
日時:平成21年6月13日(土曜日) 午後18時00分~午後21時30分

二本松訓練所2名、駒ヶ根訓練所2名、参加者は、OB/OGを含めて12名と少人数での壮行会になりました。1次隊は、他の隊次に比べ学校卒業直後、参加される方が多いのも特徴です。今回も、3月まで学生であった新隊員が含まれております。

社会人の第一歩が協力隊参加であり、65日程度の訓練で任国に送り出される新隊員には不安が大きいと思います。隊員OVとの交流で、少しは不安を取り除くことが出来たと思います。また、隊員OVのアドバイスが今後の2年間の活動において役立つ時が必ずあると思います。

新隊員のH21-1・マラウイ・村落開発普及員、坂野さんからメッセージをいただきました。

「訓練終了後、仲間との別れ、遠きマラウイへの想いが入り混じり、私はまるで空中浮揚をしているような気持ちの中にあった。だが、広尾にて行われた壮行会で隊員としての活動を終え様々な形で活躍される方々から頂く言葉は、まるでカタパルト発進を待つ飛行機のように、スターティングブロックに足を乗せて体を縮める短距離走選手のように、浮足立った私の心にずしりと響いた。

2年の活動を終えて帰国する時、マラウイとの別れが惜しくて、無理やり調整員に飛行機に押し込まれるような人になりたい、と思う。」

新隊員の皆さん、「身体に気をつけて思い出に残る2年間を過ごして下さい」また、2年後に会いましょう。

[おまけ]
今回も、新隊員に血液型を聞きました。結果は、A型3名、O型1名でした。

H1-1 西山浩之

タグ:国際交流 国際協力 海外ボランティア 東京

コメント一覧