目次

平成18年度2次隊を元気に送り出す会 - 青年海外協力隊東京OB会 > 活動報告

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 活動報告 > 平成18年度2次隊を元気に送り出す会

平成18年度2次隊を元気に送り出す会

東京OB会主催の送り出す会楽しかったです。

奇しくも当日は在ペルー日本大使館襲撃事件の10年目にあたる日であり、OB会の顧問である青木元事務局長から冒頭に「人質10周年の日です」と乾杯の挨拶がありました。

司会は西山副会長、いつもの通り時間が経つ毎に舌が滑らかになり、質問内容に血液型を入れるなど、楽しい中にも協力隊参加者と一般的な日本人の統計との差違などを教えて頂きました。やっぱりB型とか多いんですよねー協力隊 ちなみに私は日本人のメジャー、協力隊のマイナー血液型ですが、周囲からはウソだと言われてます。

また、話し好きのOBOGの話しを極力短めにするべきご尽力されていました。どうもお疲れ様でした。話す方も順番が後になると、待っている間にアルコールが増量してしまうため、遅くなるほど長話が多くなるから困りものですが、しかし、異職種の方々の話しはこんな機会でしか伺うことができません。多少のアルコールが入っていても、いい話を聞かせて下さる方々が大勢でした。

当日は多分史上初だと思いますが、(社)協力隊を育てる会の足立会長も参加され、「東京OB会がこんな泥臭い会をしているとは感動した」とご満悦でした。

壮行会終了後、そのまま忘年会に突入したようですが、残念ながら私は他の座敷が入っていたもので、おいとましました。

ご一緒できなかったことに対する悔しさ感じてます。こんなことで悔しがるなと言われるかもしれませんが一期一会といいますか、新隊員は2年後に帰って来てくれないからね。今回のメンバーは違うことを願ってます。

役員の方々いつもありがとうございます。
参加されなかった方々、参加しないともったいないですよ。次は絶対参加して下さい。
長くなりました。

菊池威臣(62年度3次隊ホンジュラス)

タグ:国際交流 国際協力 海外ボランティア 東京

コメント一覧