目次

青年海外協力隊東京OB会 > 活動報告

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 活動報告

座談会[4]『北方領土 返還運動』

「気軽に、楽しく、ホットな話題でゆっくり話そう!」
第4回座談会のゲストとして、北方領土の返還運動に長年関わっている児玉泰子さんをお招きしました。

 日時: 11/16(金) 19:30~
 場所: JICA地球ひろば 305号室

<児玉泰子さん>----
北方領土の一つである、歯舞群島志発島生まれ。1977年より、「北方領土返還要求運動連絡協議会」事務局長。「北方領土返還要求全国大会」や「北方領土島民救援委員会」など、北方領土返還運動に30年以上関わる。ビザなし交流、北方墓参、地震救援活動、生態調査など、北方領土を20回以上訪問しています。
--------------------

前半は、ほとんど知られていない、北方領土の「自然・風土」についてお話いただきました。色丹島にはくじらが訪れ、高山植物が生えていること。国後島にはたくさんの温泉があり、大きなカニの缶詰工場があること。択捉島には川が200以上もあり、湿原が広がっていること。

初めて聞く北方領土の自然、特にそれがとても美しいものであることに、とても驚きました。

後半は、戦後のロシアによる占拠から、住民の強制送還、その後の返還運動に至るまで、児玉さんの経験に基づく貴重なお話を聞くことができました。1991年からの墓参やビザなし渡航、ソ連崩壊による影響、政府間の交渉と民間交流。本当に盛りだくさんの内容でした。

タグ:国際交流 国際協力 海外ボランティア 東京

座談会[3]『障害者スポーツ』

「気軽に、楽しく、ホットな話題でゆっくり話そう!」
第3回座談会のゲストとして、障害者スポーツに携わっている峰村史世さんをお招きしました。

日時: 10/16(火) 19:00~20:30
場所: JICA地球ひろば 305号室

<峰村史世(ふみよ)さん>
3歳より水泳を始め、大学在籍中に水泳指導(健常者・障害者を問わず)をはじめる。大学卒業後に青年海外協力隊員としてマレーシアで水泳を指導。帰国後も水泳指導を続けていく中で、パラリンピック大会等を目指すアスリートへの指導も行なうようになる。

峰村さんには、学生時代のお話、協力隊での経験、帰国後の水泳との関わり、そして現在の障害者スポーツについて、幅広いお話をしていただきました。

世界と日本の障害者スポーツの現状や、パラリンピックのお話、日本障害者スポーツ協会についてなど、参加者の皆さんは興味深くお話を聞き、質問をしました。

「機会があれば、ぜひ現場で障害者スポーツに触れてください」と、峰村さんからご提案をいただきました。東京OB会でも、ぜひツアーを組んで訪問したいと思っています。

タグ:国際交流 国際協力 海外ボランティア 東京

グローバルフェスタJAPAN2007

「グローバルフェスタJAPAN2007」に出展しました。

 日時:10月6日(土)~10月7日(日) 午前10:00~午後17:00
 場所:日比谷公園

東京OB会では、展示コーナーに「パラオスタデイツアー」と「野の花の家」パネル展、ケニアの隊員有志による奨学金制度「KESTES(ケステス)」の展示を行いました。また飲食コーナーでは、揚げいももち、チャイの販売を行いました。

会場の日比谷公園は快晴で、たくさんの人でにぎわいました。展示・飲食コーナーともに盛況で、OB会の紹介・広報ができたと思います。

タグ:国際交流 国際協力 海外ボランティア 東京

↑ページトップへ