目次

青年海外協力隊東京OB会 > 東京

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 東京

協力隊を知ろう!~留守家族交流会~

■日時・場所
10月19日(日)15:10~16:45 JICA地球ひろば301号室

■参加者(第二部交流会のみ)
留守家族 14名(中国、ウズベキスタン、セネガル、ガーナ、ルワンダ、PNG、タイ、ウガンダ、エジプト、チリ)
OB(敬称略)5名(ベテラン:郡、福田純也、小田、新人:中沢美保子(17-1・タンザニア・村落開発普及員。現在、八王子市役所で国際協力推進員)、長田有加里(15-1・セネガル・環境教育、2008年に短期でセネガル、マラウイ。現在、協力隊事務局で国内協力員))
育てる会 職員4名、青木盛久副会長

■概要
留守家族は、主に東京、神奈川、千葉在住の19-4、20-1、20-2隊の親御さん。お一人、遠いところ長野から来た方がいました。最近娘さんが、メールで配属先での辛い状況を伝えてきて心配だったので参加したとのことでしたが、OBや他の家族と話して安心していました。他の家族も同様に参加してよかったとおっしゃっていました。交流会の予定時間90分のうち、全員の自己紹介に60分かかり、肝心な懇談はあわただしく切り上げなければなりませんでした。最初に自己紹介代わりになる簡単な資料を配るなどして、自己紹介の時間を短くしたほうがよいかと思いました。

グローバルフェスタ2008

晴天下、本年のグローバルフェスタが無事に終了しました。危惧していた設置場所の環境にも恵まれ、多くの来客者が訪れてくれました。当日手伝ってくれた、OBは12名にのぼりました。

売上げの一部を、日本赤十字社を通じミャンマーサイクロン救済へ
寄付を行うことになりました。また、チャイの新生品のアイデアが偶然に浮かび、味のテストも行いました。今後、売り出そうと考えています。

来週には、JOCA主催の意見交換会が行われます。OB会からは、大会を振り返って長所、短所を述べるつもりです。大会運営の全体、東京OB会展示でも感じたこと、アイデアなどを教えて下さい。

青年海外協力隊東京OB会 83-1.jpg

『グローバルフェスタ2008』出展

グローバルフェスタJapan2008に東京OB会が出展します。

今年は飲食ブースにて、毎年大好評の『ミルクたっぷりチャイ』と、今年初挑戦の『パパム(ビルマ料理)』を販売します。また、収益の一部を、ミャンマー(ビルマ)のサイクロン被害者の援助に使います。

グローバルフェスタには、協力隊を運営するJICAをはじめ、協力隊のOB会がたくさん出展しています。
 ・漠然と協力隊に興味がある。
 ・協力隊にどんな職種があるか知りたい。
 ・いきなりJICAを訪れるのは敷居が高い。
 ・協力隊経験者の本音を知りたい。
などの皆さん、ご来場の際は、ぜひ売り子に一声掛けてください。作業のシフトから外れたメンバーもテント内に必ず居ますので、皆さんからのご質問を喜んでお聞きします。

また、帰国隊員の皆さん、ぜひブースに立ち寄って、伝言を残していってくださいね。同期や、お世話になった人と繋がりなおせるチャンスかもしれませんよ!?

皆さまのご来場を、心よりお待ちしています。

-------------------------------------------------
『グローバルフェスタJapan2008』
日時:2008年10月4日(土)・5日(日)10:00~17:00
開催場所:日比谷公園
参加団体:政府機関、国際機関、地方自治体、各国企業、大使館関係、青年海外協力隊関連団体、NGO団体関連など約250団体
入場料:無料
--------------------------------------------------

※グローバルフェスタとは、年に一度、二日間に渡って開催される国内最大級の国際協力イベントです。外務省やJICA(国際協力機構)、多くの国際協力NGOが、東京都千代田区にある日比谷公園で、それぞれの活動紹介を行います。

ページ移動