目次

青年海外協力隊東京OB会 > 東京

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 東京

座談会[6]『アジア・国際ワークキャンプ』

「気軽に、楽しく、ホットな話題でゆっくり話そう!」
青年海外協力隊・東京OB会による、座談会企画・第6弾のご案内です。

☆☆ 座談会[6]『アジア・国際ワークキャンプ』 ☆☆

ゲストは、タイ・韓国・スリランカ、そして日本各地で、ワークキャンプ(*)などの活動を行う『Good!』を主宰している、磯田浩司さんです。

(*)ワークキャンプ:参加者が一定期間、農作業や井戸掘り・学校づくりなどのワークをしながら共同生活を送る。『Good!』のワークキャンプには、学生や不登校・引きこもりの経験者、社会人など、様々な人が集まっています。

<磯田浩司さん>
1972 年、東京都出身。学生時代から旅の魅力にとりつかれ、現在までに訪れた国は50ヶ国を越える。社会人経験を経て、1999年4月より1年間、『ボランティア365』に参加。元不登校の生徒を広く受け入れている竹田南高校(大分県竹田市)に住み込みで活動しながら、全国各地のフリースクール、ボランティア団体を訪れ、見聞を広める。2001年1月、若者とアジア・世界を結ぶNGO『Good!』を仲間と共に立ち上げ、代表に就任。現在までに、約50 回のワークキャンプを開催している。
 
 『Good!』:http://www.geocities.jp/gdwcp/

毎回、協力隊経験に関係なく、学生さんや会社員・学校の先生などが参加して、いろいろな話をしています。興味のある方はぜひ参加してください!

-----------------------------------------------------
日時: 4/12(土) 13:00~15:00
場所: JICA地球ひろば(渋谷区広尾) 305号室
参加費: 300円
定員: 10名
お問い合わせ・お申し込み: お問い合わせフォームより
※当日参加可(小さい部屋ですので、事前連絡をお待ちしています!)
-----------------------------------------------------

【過去の座談会】
 [1] 『教育現場を語る』(2006/11/9)
    ゲスト:高田幸一氏(都立九段高校・副校長) 
 [2] 『若者を語る』(2006/12/7)
    ゲスト:祐成善次氏(日本青年奉仕協会・会長)
 [3] 『障害者スポーツ』(2007/10/16)
    ゲスト:峰村史世氏(財団法人日本障害者スポーツ協会)
 [4] 『北方領土 返還運動』(2007/11/16)
    ゲスト:児玉泰子氏(北方領土返還要求運動連絡協議会・事務局長)
 [5] 『アジアの障害者スポーツ』(2007/10/16)
    ゲスト:麻生学氏(アジアパラリンピック委員会・大会調整委員長)

平成19年度4次隊を元気に送り出す会

19年度4次隊の皆さん、訓練お疲れさまでした!
皆さんの任地での無事と活躍を願い、恒例の『元気に送り出す会(壮行会)』を行います。

毎回、新隊員の方をはじめ、いろいろな世代の帰国隊員やOB会のサポーターの皆さんが集う有意義な場となっています。新隊員の皆さんの熱気に押されつつ、予定終了時間を若干オーバー気味になることもありますが、『カフェ フロンティア』の美味しい多国籍料理をつまみながらの気軽な会に、ぜひご参加くださいね。

-----------------------------------------
▼平成19年度4次隊を元気に送り出す会(壮行会)
日時: 3月15日(土) 17時30分~19時30分 頃
会場: JICA地球ひろば 1F・カフェフロンティア(渋谷区広尾)
     (TEL)03-3400-7278
会費: 3000円
連絡先: 東京OB会/送り出す会担当 坂上みつ子
-----------------------------------------

座談会[5]『アジアの障害者スポーツ』

「気軽に、楽しく、ホットな話題でゆっくり話そう!」
青年海外協力隊・東京OB会による、座談会企画・第5弾を行いました。ゲストは、アジアにおける障害者スポーツや車いすの製造技術移転に長年関わっている、麻生学さんです。

 日時: 3/5(金) 19:00~
 場所: JICA地球ひろば 305号室

--------------
<麻生学さん>
1979 年、青年海外協力隊に参加。帰国後、社会福祉法人太陽の家 に勤務(~07年)。94年より、フェスピック(極東・南太平洋障害者スポーツ連盟)事務局長に就任(~06年)。97年より、タイ・バンコクにおいて、車いすバスケットボール講習会を毎年開催(~01年)。06年、アジアパラリンピック委員会・大会調整委員会の委員長に就任。08年2月まで、ADDP(アジアの障害者活動を支援する会)よりラオスに派遣。
--------------

戦後日本とアジアの障害者スポーツについて、またマレーシアやラオスで行ってきた車いす製造技術の移転活動についてなど、いろいろなお話を聞くことができました。

障害者スポーツの日本における普及について、地道な活動を続けてこられた麻生さんのお話に、とても感銘を受けました。参加者の中にも、この分野に詳しい方も多く、内容の濃い話を聞けました。

ページ移動