目次

青年海外協力隊東京OB会 > 東京

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 東京

座談会[2]『若者を語る』

「気軽に、楽しく、ホットな話題で盛り上がりたい!」
青年海外協力隊・東京OB会有志による企画は、今回で2回目を迎えます。

☆☆ 座談会[2]『若者を語る』 ☆☆

座談の中心は、日本青年奉仕協会(JYVA)会長の祐成善次さん。

青年海外協力隊の創立に関わった末次一郎氏が会長を務めた「日本健青会」の一員として、協力隊の創立に向け立ち上がった一人です。
何を目指して協力隊を創立しようとしたのか?
戦後日本の再生に向けて動いた当時の若者たちの心意気や想いを振り返り、現在の若者について、ざっくばらんに語ります。

 日時: 12/7(木) 18:30~
 場所: JICA地球ひろば(渋谷区広尾) 306号室
 参加費: 500円
 定員: 10名
 お問い合わせ: お問合せフォームより
  ※当日参加可(小さい部屋ですので、事前連絡をお待ちしています!)

『野の花の家』国際こども祭-世界のみんなと手をつなごう

児童養護施設「野の花の家」、母子生活支援施設「FAHこすもす」、児童家庭支援センター「ファミリーセンター・ヴィオラ」では、アジアと日本の文化や習慣を理解し合う心を育むことを目的に年一回『テンゲージンの日』(ビルマ語で友人の意)というイベントを行っています。

今年は拡大して、10月28日(土)『国際こども祭』が開催されました。モンゴル、インド、ネパール、フィリピン、アメリカ、スウェーデン、ケニアの7カ国の在京大使館による民芸品や民俗衣装などの展示、伝統料理の試食のほかに、モンゴルの歌やフィリピンの舞踊も披露される中、東京OB会はフィジー風揚げバナナのココナッツクリームあんかけを作り、子どもたちや地域の人々にたいへん喜んで頂けました。

青年海外協力隊東京OB会 33-1.jpg 青年海外協力隊東京OB会 33-2.jpg

第15回『開発教育全国集会東京大会』募集締め切り延長

『第15回開発教育全国集会東京大会』の募集締め切りが延長されます。
この機会に、参加に迷われている方もぜひお申込下さい。

日時:平成18年11月18日(土)~19日(日)
会場:JICA地球ひろば
主催:(社)協力隊を育てる会
共催:独立行政法人 国際協力機構広尾センター(JICA地球ひろば)
後援:外務省、文部科学省、(社)青年海外協力協会、青年海外協力隊東京OB会、(特活)開発教育協会、(特活)国際協力NGOセンター他(予定)
参加費 (当日徴収):☆集会2,000円 (高校生以下無料)
☆オプショナルツアー 参加者各自負担(交通費、昼食代)
☆交流会3,000円

(問い合わせ・申し込み先)
(社)協力隊を育てる会内「第15回開発教育全国集会東京大会」事務局
TEL:03-6303-2055 FAX:03-3400-7432  E-mail:shien@sojocv.or.jp

ページ移動