目次

青年海外協力隊東京OB会 > 東京

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 東京

マラウイだより 3号(坂野太郎隊員)

皆様、こんにちは。21-1、マラウイ 村落開発普及員の坂野です。10月からJICAより単車が貸与され、ようやく自由に動きまわることが出来るようになりました。

マラウイは今、雨季直前の猛暑日が続いています。比較的暑さの和らぐ早朝から午前中にかけては、畑のあちこちで耕す人々をみる事が出来ます。雨季前にマラウイの主食であるトウモロコシの植え付け準備を行うそうで、中心街の店でもトウモロコシの種が大々的に販売されていました。

養蜂では、10月から11月にかけて採蜜のシーズンが始まっていて、あちこちの農村で採蜜の報告や、そろそろ採蜜したい、という声が聞こえてきています。ムワンザにある刑務所の養蜂場でも採蜜が行われ、100kg近いハチミツを採ることが出来ました。ムワンザのハチミツは、様々な花の蜜が集まった百花蜜と呼ばれるハチミツなのですが、マンゴーの開花時期とも重なっていること、ムワンザにはマンゴーの木が多くあることから、マンゴーの花の蜜が多く含まれていることと思います。

今回は単車での農村巡回中に出会った一つの養蜂グループを紹介しようと思います。

そのグループはムワンザの中心街から20km近く離れた村にあります。メンバーは全部で7人、主には養蜂とパンの生産・販売を行っています。毎日20kg生産しているそうで、いつもパンの焼ける良い香りがただよっています。薪でじっくりゆっくり焼きあげられたパンはとてもふっくらしていて、そのまま何個でも食べられそうなぐらい美味しいものでした。

中心街から遠く離れているため、出来たてのパンを買えるお店が近くになく、結果的に多くの人がこの店からパンを購入しているそうで、グループ設立当初に多少の援助は受けたものの、その後は自分たちの力で継続して運営、資金の積み立てなども行っているそうです。養蜂も、彼ら自身でお金を出し合って巣箱や道具を買って始めたとのことで、今はさらなる養蜂運営拡大のために、養蜂場建設資金の積み立て中、とのことでした。

同地は原生林も多く、多種多様な花の蜜を年中集める事が出来ます。また、水場となる川も近く、養蜂には実に最適なポイントでした。今の形から養蜂場スタイルに移行出来れば、管理そのものもこれまでよりも簡単になりますし、生産量の拡大も見込めると思います。パンも美味しいですし、今後が楽しみな養蜂グループの一つです。

平成21年度1次隊 マラウイ 村落開発普及員 坂野 太郎

小野田寛郎氏 講演会「戦後、私たちが失ったこころ」

青年海外協力隊東京OB会 109-1.jpg

本日、”最後の帰還兵”小野田寛郎氏 講演会「戦後、私たちが失ったこころ」が終わりました。小野田寛郎・町枝ご夫妻、小野田自然塾の皆さまへ、心から感謝します。そしてスタッフの皆さん、お疲れさまでした。

小野田さんの体調も心配でしたが、無事に講演会・懇談会と参加していただけたことが何よりです。

また、おかげさまで会場は満席となりました。お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

青年海外協力隊東京OB会 109-2.jpg 青年海外協力隊東京OB会 109-3.jpg

小野田さんが、講演タイトルの「戦後、私たちが失ったこころ」に関連して、「責任感や恥を知る心が失われつつある。『~します。』ではなく、『~したい。』『~だと思います。』という無責任な風潮が強まっている」という話をされたのが印象的でした。また、「自立心(自律心)」「協調性」にも触れ、自然の中での様々な体験・活動を通して、子どもたちがそれらを獲得していく過程を話されました。

質疑応答を含めると1時間半ほど休みなく話される、87歳の小野田さんの、温和な外見に秘められた意志の強さを感じました。休憩を挟んでからは懇談会も行われ、写真を求める長打の列ができていました。

青年海外協力隊東京OB会 109-4.jpg 青年海外協力隊東京OB会 109-5.jpg

当日は、スタッフの臨機応変な判断力に加え、いくつかの幸運にも助けられ、スムーズな進行だったと思います。

今回の講演会では、グローバルフェスタ・協力隊まつり、壮行会、エッセイコンテストなどとも違う、新たな活動の幅を広げられたという手ごたえを感じました。

今後は、より多くの帰国隊員にスタッフとして参加してもらいながら、より地域に密着した活動を行うことで、帰国隊員以外の地域の人ともつながっていければと思います。

”最後の帰還兵”小野田寛郎氏 10.24 講演会

■□■ “最後の帰還兵”小野田寛郎氏 講演会 □■□
□■□    「戦後、私たちが失ったこころ」    ■□■

フィリピン・ルバング島において、戦後30年間戦い続けた”最後の帰還兵”小野田寛郎(ひろお)氏は、青年海外協力隊の創設の父であり、その後40年以上の長きに続く協力隊事業の道筋を切り開いた、故末次一郎氏の盟友でした。熱帯のジャングルに覆われた小さな島で厳しい自然環境を生き抜いた小野田氏に、今の日本の姿はどう映っているでしょうか。

帰国後はその生涯を次世代教育に捧げ、約2万人の子どもたちに生きる力を伝えてきた小野田氏から現代の日本人へ贈る、貴重なメッセージをどうぞお聞きください。

◆講演者: 小野田 寛郎氏(財団法人小野田自然塾 理事長、元陸軍少尉)

〔小野田寛郎氏 略歴〕
 大正11(1922)年3月 和歌山県海南市生まれ
 昭和19(1944)年1月 久留米第一予備士官学校入校
           9月 陸軍中野学校二俣分校に入校
          12月 フィリピンに派遣され遊撃指揮・残置諜者の任務を
              与えられる
              (以来、30年間ルバング島おいて任務を遂行)
 昭和49(1974)年3月 日本に帰還
 昭和50(1975)年4月 ブラジルに移住 約1200haの牧場を開拓
              10年目にして軌道に乗せ、現在1800頭の肉牛を飼育
 昭和59(1984)年7月 ジャングルでの体験を生かし、野外キャンプを通しての
              青少年育成を目指し「自然塾」を開く
 平成元(1989)年6月 財団法人小野田自然塾設立 理事長に就任

◆日時: 2009年10月24日(土) 13:30‐16:00
      開  場: 13:00
      講演会: 13:30‐15:00
      懇談会: 15:20‐16:00
             ※会場は16:30まで開放しています

◆場所: 足立区勤労福祉会館(東京都足立区)
      地図

◆参加費: 2000円

◆定員: 200名(要事前登録)
  ※青年海外協力隊の参加経験を問わず、広く募集しています。
   お気軽にお申し込みください。

◆お申し込み・お問い合わせ:
 メールフォーム (青年海外協力隊東京OB会)
 TEL: 03-6303-2055 / FAX: 03-3400-7432 (協力隊を育てる会 菊池)

◆申し込み締め切り: 2009年10月21日(水)

◆チラシ:
 講演会チラシ(A4版・PDF)

主催:青年海外協力隊東京OB会
共催:青年海外協力隊千葉OB会、青年海外協力隊神奈川県OB会
後援:社団法人協力隊を育てる会

ページ移動