目次

青年海外協力隊東京OB会 > 東京

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 東京

『野の花の家』夏のバーベキュー大会

児童養護施設「野の花の家」で、子ども達とバーベキュー大会をして交流を深めました。

当日は、餃子作り・燻製作り・スイカ割りを行いました。料理作りは、今までは一方的にOB会が作る側、子どもたちは食べる側だったので、これを改善するために、子どもたちと楽しみながら作れる手作り料理として、餃子を中心に据えて計画を立てました。
餃子作りは、少し手間がかかりましたが、包み作業の時は、子どもたちも職員も一緒になって楽しみながらできたのではと思います。燻製は、どれも好評でした。しかし、屋外での火起し作業やテントの設営作業等、指導員と事前の打ち合わせを十分にする必要があります。スイカ割りは子どもたちがかなりはしゃいで楽しんでいました。

【参加した六本木高校生徒の感想】
私がボランティアの中で一番印象に残っている出来事は、8歳の女の子が別れ際にお花の形をしたビーズをくれ、「いつでも来てねっ!!」と言ってくれたことです。“それぞれの事情がある”という点では、『野の花の家の子ども』と『六本木高校の生徒』はどこかが似ているかもしれません。無邪気で明るくて、キラキラ輝いている子ども達の笑顔からは、「僕達は、私達は環境のせいにしない。誰のせいにもしないよ。」、そんなメッセージが聴こえてくるようでした。私もそんなふうにして、現実と向き合って、強く生きて行きたいものです。 

バーベキューの準備をお手伝いしました。凄く暑かったけど、バーベキューは美味しいし、子供達もスゴく明るくて、可愛いくて、楽しかったです!初めてキャベツ丸々みじん切りにしました。大量のニラもきざんで、餃子を包みました。カブトムシ持って追いかけまわされて、鬼ごっこして。2Lくらい汗かきました。リアルに、力使い果たして遊んで、凄く楽しかったです☆

青年海外協力隊東京OB会 22-1.jpg 青年海外協力隊東京OB会 22-2.jpg

『野の花の家』夏のバーベキュー

児童養護施設「野の花の家」を訪問します。
子どもたちと一緒にバーベキューパーティーを行います。

【日程】
 日時: 7月29日(土)
 場所: 児童養護施設「野の花の家」

富ヶ谷フェスティバル2006

富ヶ谷フェスティバルは、商店会のイベントですが、東京OB会も毎年参加しています。ここ数年は、商店会のイベント手伝いとして参加しています。

今年の担当は、子供たちに人気のあるゲームコーナーで、剣玉、わなげ、ベーゴマです。私にとって、ベーゴマは初体験でしたが、名人にコツを教えていただいた結果、何とか素人に教える事が出来るようになりました。

この地区は、外国人も多く住んでおり、伝統的な日本の遊びに挑戦する外国人もいました。3時間の短いイベントでしたが、多くの人でに賑わいました。

ページ移動