目次

青年海外協力隊東京OB会 > 東京

東京都出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 東京

平成18年度1次隊(前期)を元気に送り出す会

駒ヶ根、二本松で訓練を終了した新隊員を迎えて、「平成18年度1次隊(前期)を元気に送り出す会」をJICA地球ひろば(旧JICA広尾)カフェ・フロンティアで開催しました。平成18年度からは、協力隊を4回派遣する事になり1次隊を(前期、後期)に分けています。

当日集まった新隊員、OV28人は「カフェ・フロンティア自慢のエスニック料理を堪能しました。新隊員が現地で活動を始めてから2ヶ月ほど経過していますが、素晴らしい2年間を過ごして貰いたいと思います。

ボランティア家族連絡会

JICA広尾センターにおいてボランティア家族連絡会が行われました。合計38の国に派遣されているJICAボランティアの家族97名が集まり、地域別分科会で話をするための帰国隊員はシニアも含め39名が参加しました。

全体会では、まず帰国ボランティアの活動報告として青年海外協力隊ニカラグアOGと、シニア海外ボランティアのメキシコOBより興味深い話がありました。JICAからは、事業紹介のあと任国における安全管理と帰国後の支援体制と進路状況についてなどの話がありました。

地域別懇談会では、実際に任期が重なっている最近帰国したばかりの隊員が講師として参加しており、最近の任国の様子を交えながら家族の方といろいろな話に花が咲き、充実したひと時をすごせました。

関東ブロック会議

さいたま新都心において、関東圏のOB会の代表者が集まり、情報交換をしながら共通の問題について話し合うための関東ブロック会議が行われました。東京 OB会からは次回の幹事であることもあり、ブロック間の連携の強化とそのためのインターネットやメーリングリストの活用などについて提案がなされました。

2日目の後半には、JOCAが作成している国際理解・開発教育のための教材を実際にワークショップで体験するという企画であり、普段教育現場とはかかわりの無い者にとっても非常に興味深いものでした。

ページ移動